読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名前はまだない。

プログラミングのことや趣味のことに関して綴ります。

新宿御苑に行ってきた

こばけんのゆかいなおさんぽ 新宿御苑

f:id:kobaken0029:20160612060835j:plain

先日、新田恵海さんの1stライブに参戦してきたついでに、ずっと行きたかった新宿御苑に行ってきました!
この記事では、御苑での感想や見どころを紹介しようと思います!

これから、どこかに出かけた時には同様に「こばけんのゆかいなおさんぽ」シリーズとして記事を上げていきたいと思ってます。
お楽しみに♪

新田恵海さんのライブについても後ほど記事をあげようと思ってます。

最初に

始めに述べておきますが、私自身インドア派で、こういった観光地巡りや自然探索などに対して無頓着で、どこか出かけても写真一つも撮らないような人間でした。

そんな自分が

「もっと写真が取りたい!」
「自然、最高!」
新宿御苑は、いいぞ」

と思えるくらい新宿御苑素晴らしい場所なのだ、ということを伝えておきます。

新宿御苑とは?

新宿御苑って何?どこにあるの?という人に向けて、少しだけ紹介していきたいと思います。

新宿御苑(しんじゅくぎょえん)は、東京都新宿区と渋谷区に跨る環境省所管の庭園である。
Wikipediaより参照

簡単に言うと、東京にある入場有料のでっかい公園です!
日本庭園、イギリス風景式庭園、フランス式整形庭園(バラ110種500株)といった具合に区画に寄ってコンセプトがあるようです。全体図は以下のようになってます。

http://fng.or.jp/shinjuku/news/2016/03/17/h28harua.jpg

この図では春の見どころを紹介していますが、同様に夏、秋、冬にもそれぞれ見どころが存在するようです!
東京にいて四季を感じられる、という田舎もんにとって心の拠り所的場所なのです!

ゆっくり見て周るには大体2~3時間くらい要すると思います(主観的見解)
私は今回、帰りのバスの時間のこともあり、2時間弱程園内を探索(途中、迷子になるなど)しましたが、日本庭園を中心に全体の3/4くらい周れたかな、といった具合です。

途中駆け足のところもあったので、ゆっくり見て回りたいという人は時間に余裕を持った状態で入園することをオススメします。

以下の表に開演時間や入園料等をまとめてみました。

項目 内容 補足
開演時間 9:00 ~ 16:30(入園は16:00まで) 後述する"大温室"は9:30 ~ 15:30
休園日 毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29 ~ 1/3)
入園料 大人(高校生以上)200円、小中学生50円、幼児無料 年間パスポート(2000円)が存在する模様
アクセス 新宿駅から徒歩約10分、代々木駅から徒歩約13分、千駄ヶ谷駅から徒歩約5分
その他 無料開放日が存在する(みどりの日環境の日など) こちらから確認してください

この表から分かるように、無料開放日が存在します!
その日を狙ってお散歩してみるのもアリでしょう!
実際私が出向いた日が丁度、無料開放日(6/5)になっていました。

因みに、正式名称は「国民公園新宿御苑」というらしいです。

新海誠作品を身体で感じた

新宿御苑は、2013年に公開された新海誠作品のひとつ「言の葉の庭」の舞台になっています。現代の東京を舞台に、男子高生・タカオと謎の女性・ユキノが愛に至る以前の孤独~孤悲~の物語を繰り広げていく、というのが当作品の簡単な概要です。その二人の出会いの場であり、物語の主軸となる場所がこの新宿御苑の日本庭園なのです。(未視聴の方を考慮して極力ネタバレしない範囲でお伝えしています)

気になった方は是非一度ご覧になってみることをオススメします。
きっと貴方も新海誠ワールドの虜になることでしょう。

www.kotonohanoniwa.jp

私がここを訪れたかった一番の理由がこれです。所謂、聖地巡礼ってやつですね。他にも、新宿駅千駄ヶ谷駅千駄ヶ谷駅周辺など、劇中に出てきた箇所を生で見て一人興奮を抑えるのが大変でした(笑)

ユキノの家付近と思われる坂道(上:アニメ作画、下:主撮影)
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/astral01/20140911/20140911010011.png

二人が出会った日本庭園の東屋からの景色
f:id:kobaken0029:20160612062659j:plain

この東屋に来るためにここに来た!と言っても過言ではなかったので、実際に訪れてみて感無量でした(泣)
ここから物語が始まったんだな・・・と感銘を受けてました。

※なお

千駄ヶ谷門から入園

新宿御苑には何箇所かある門から入園することになります。
今回私は、ユキノが入園する際に使用する千駄ヶ谷門から入園しました。

f:id:kobaken0029:20160612063601j:plain

本来ならここのゲートでお金を投入して入園することになるのですが、前述のとおり、無料開放日のため自由に出入りが出来るようになっていました。

都会のビルと自然の不思議な融合

新宿御苑に来て一番自分の心にビビッときたものが、東京のビルと御苑の自然が生み出すなんとも不思議な違和感を感じさせる景色です。
田舎じゃこんな高層ビルなんて無いし、そもそも都会にこんな大自然があるところなんてそうないし、色々とイレギュラーな感じが伝わってきませんか?

以下、何枚か木々withビルな写真を撮影したのでご査収下さい。

f:id:kobaken0029:20160612070046j:plain

f:id:kobaken0029:20160612070101j:plain

f:id:kobaken0029:20160612070234j:plain

f:id:kobaken0029:20160612060835j:plain

f:id:kobaken0029:20160612070320j:plain

f:id:kobaken0029:20160612070336j:plain

色々と散策・・・

日本庭園を満喫した後、イギリス風景式庭園とフランス式整形庭園も少し散策してみました。園内でお昼ごはんを食べたり、亀さんに遭遇したり、様々な種類のバラを見たり・・・
以下、その時の様子を紹介します。

f:id:kobaken0029:20160612072029j:plain

f:id:kobaken0029:20160612072036j:plain

f:id:kobaken0029:20160612072046j:plain

f:id:kobaken0029:20160612072058j:plain

ここは"大温室"と言われる場所で、中には熱帯の植物や絶滅危惧種植物を鑑賞出来るそうです。今回は時間の都合で入りませんでしたが、次回入園した際には入ってみようと思ってます。

フランス式整形庭園です。ここは日本なのか?と錯覚するほどでした(笑)

f:id:kobaken0029:20160612074010j:plain

f:id:kobaken0029:20160612074030j:plain

f:id:kobaken0029:20160612074108j:plain

オタクなTweetなのはご了承ください・・・

↓こうして御苑を周ってみて第一に思ったこと↓

終わりに

今回初めて新宿御苑に訪れてみての所感は、

一人じゃなくて誰かと周りたかった!!

に尽きます(泣)

私が次に新宿御苑を訪れた暁には、この記事を見ているあなたと一緒に御苑を周る権利を与えましょう(要らねぇ・・・)

冗談はさておき、もし東京に出てくる用事のある地方の方は一度この新宿御苑に立ち寄ってみてはどうでしょうか?
また、都内にお住まいの貴方も息抜きがてら園内を散歩してみてはどうでしょう。もしかしたらそこで、"新たな出会い"に巡り合うかも?!
実際、そういうの抜きで純粋に楽しめる空間になっている(主体験談)ので、まだ行ったことない人は是非訪ねてみてください!